top of page
  • kenjitanaka38

【交通ルール編】ライドシェア(Uber)でもチャイルドシートは必要?


みなさん、こんにちは。


今回は知らないうちに違反、危険な乗車をしている方も多いのではと。

ライドシェア(Uber)利用時のチャイルドシートについて記載致します。


結論からは、ライドシェア(Uber)利用時もチャイルドシートは必要です。


それではお子様連れで、ライドシェアの利用はどうすれば良いの?

一部地域は限られますが、チャイルドシート付きのUberもあります。(事前予約が必要)


引用サイト


ただTAXIとライドシェアは法律がことなります。

TAXIはチャイルドシートがなくともお子様と一緒に乗車できます。


ビクトリア州のチャイルドシートの道路規則では、タクシー運転手にチャイルドシートやブースターシートを顧客に提供することを義務付けていません。

ただし、交通規則では、タクシー運転手に対し、自分で拘束具を提供したい乗客のために少なくとも 1 つのアンカー金具を用意しておくことが義務付けられています。


ビクトリア州のチャイルドシートの道路規則では、タクシーでは次のことが義務付けられています。


・1 歳未満のお子様はチャイルドシートを使用する必要はありませんが、後部座席に乗車する必要があります。


・タクシー内に適切なチャイルドシートやブースターシートがない場合、1 歳以上のお子様は、適切にシートベルトを締めて、タクシー内で自分の座席位置に座らなければなりません。


引用サイト


旅行時や赴任時、お子様連れの方は空港からホテルの移動など大変です。

事前に正しいルールを把握し安全で、楽しいオーストラリアをお過ごしください。


2024,03,04

田中







閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page