top of page
  • kenjitanaka38

【How to】オーストラリアでの給油方法

更新日:2023年10月31日


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オーストラリアのガソリンは何をいれたら良い?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー オーストラリアに来て車を乗ると見慣れない表示? というのはオーストラリアのガソリンスタンドでは ガソリンの種類が「レギュラー」、「ハイオク」という分かれ方ではないのです。 今回は不安にならないで済むようにガソリンの種類や給油方法について書きたいと思います。 ガソリンの種類について アメリカ英語ではガソリンをgasolineやgasと言いますよね。 オーストラリアではpetrolと呼びます。 多くあるアメリカ英語とイギリス英語で違う単語の一つですので、ぜひ覚えましょう! レギュラーガソリンと、ハイオクガソリンの違いとは? オクタン価が違います。 エンジン内での発火具合や、ノッキング具合などがこの数値によって変わってきます。 オクタン価が高ければ高い程ノッキングが起こりにくいです。 レギュラー車にハイオクを入れても問題はありませんが、逆に燃費があがることも ただハイオク車にレギュラーを入れるのは故障の原因になりますので要注意です。

特にターボ車やスポーツカーなどハイオク使用のエンジンはレギュラーはNGです。 何を入れれば良いのか?


ガソリンスタンドによって取り扱うガソリンの種類数が異なりますが、

基本的に日本のイギュラーは91(unleaded)、ハイオクは95,98(unleaded)というものです。

日本との違いは2つ以上の種類がある点で、多くの車はレギュラーガソリンですので、91で大丈夫です。ハイオク指定のものは95か98を入れてください。(給油口の裏側に指定数が記載されています)


ただし、+ethanol、E10のような表記のものはエタノールが混ざっており、

車に良くないと言われる方もいらっしゃいます。


どうやって入れるの?

給油の仕方はガソリンスタンドによって異なります。

1番多いタイプは、まずは日本と同じで車を補給場所に停止しエンジンを切ります。

給油の際は入れたい燃料を入れます。(何もボタンを押さずにそのまま入れる)

給油が終われば自分の給油場所の番号を確認し、店内へ入ります。

店員に番号を伝えてお金を払います。


スタンドによっては、前払い式があります。

どちらか分からなくても給油場所に停めた時にアナウンスで店内で払うよう

スピーカーを通して言ってくれるので、初めてでも分かりました。


以上を理解していれば給油で困ることはないと思います!


ぜひ安全で楽しいカーライフをお過ごしください。


田中

閲覧数:17回0件のコメント

תגובות


bottom of page